忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

2月中旬定期観測

2月中旬定期観測。

方向性が見えないランダムウォーク相場が続きます。
年明けは全体が軟調の中で、私の保有株全体としては軟調気味なものの一部銘柄の高騰に助けられ、全体のパフォーマンスを引き上げる展開が続きます。

インした段階では市場評価されるまで数年単位の中長期戦に向いている銘柄で構成し評価されるまでの時間を覚悟をしているのですが、結果が予想外に早期についてきました。
ある程度の下落相場にも耐えられる大きなアドバンテージを取れたのが精神的に楽です。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

ロングライフホールディングス様より株主優待をいただきました。

株主優待がまた届きました。

優待利回りが最強クラス。
4355ロングライフホールディングス様より、株主優待のロングライフカレーをいただきました。




拍手[3回]

・・・つづきはこちら

積立投資の生涯リターン

積み立て投資。

私はすでにこの投資法に疑義を生じ(ファンダメンタルやタイミングを無視した投資に勝ち目はない)見限っていますので、今後積立することは相場が底値圏になるとき以外はありません。

自分が信じて選んだ日本の優良中小企業にお金を預けたほうが資産性が失われることが少なく、信頼できますから。

また、積立投信を用いて投資するのは、今後は確定拠出年金位だと思っていますので、
今のリターンが特定口座では生涯リターンともいえる。

今までの投信積立リターンを振り返ってみます。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

1月末定期観測

1月末定期観測。

ついにダウが2万越え。
さらに上に行ってしまうのか、破裂するのが先か。
最後に貧乏くじを引くのは誰でしょう。

今月はついにアメリカ大統領にトランプ就任が決まりました。
はて、世界はどうなってしまうのか。
誰にもわかりません。経済対策はまだしも・・・。
先行き不透明な世界情勢ですが、株価だけは高いのが不気味です。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

確定拠出年金の口座申し込みしました。

いろいろあって、結局楽天証券にてiDeCo口座開設の申し込みをしました。
今月から開始はできなさそうなので、早くとも来月、再来月から開始となるかもしれません。



拍手[2回]

・・・つづきはこちら

積極的な分散投資をする

分散投資と集中投資。
分散は無知に対するヘッジだ。
なんてバフェットは言います。

私は分散投資派ですが、分散対象を限定することで絶対リターンを追求した分散を狙います。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

1月中旬の定期観測

昨年の同時期とは打って変わり、堅調な相場が続きます。
私の保有株も新高値、上場来高値更新銘柄が相次ぎ、順風満帆なスタートがきれました。
株は買うに至るまでの企業分析が楽しいですね。
その後の暴落によって絶望するのでしょうけど。
買った時点では夢がいっぱい。

拍手[0回]

・・・つづきはこちら

個人投資家ブログの銘柄のパクリ投資

個人投資家ブログ。
様々読んで勉強していますが、だからと言って銘柄そのものをパクるようなことはしません。
先駆者のブログを読み、単純な資産バリューから、EPSの成長性をより意識するようになりました。

結果論的に銘柄が被ってしまうことはあっても、なぜそういった思考でその銘柄を買ったのかが大事なのであり、その思考を得ることは大事。
銘柄をパクっても後に続きませんので意味はありません。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

2017年投資方針と主力株の選定基準の策定

2017年1月現在の投資方針。

主力株。
作るか作らないか悩みますが、運用額が小さい今、
機会があれば大きなウェイトに慣れておきたいかなぁと今年は試験的に導入したいと思っています。
といっても全体相場好調が続き絶対的主力にできるほど安くて優良ビジネスモデルの株がない。
打診買いの連続が続くかもしれません。




拍手[0回]

・・・つづきはこちら

新年早々考えるべき問題である、iDeCoの口座先

年明けしてしまいました。
1年も早い。

公務員は1月定期昇給です。私は定期昇給額を見て、今年から加入する方向にしました。
5000円アップ。何とかふるさと納税3万は問題なくできそう。

で、今月中に決めておかなければいけないことの一つに、確定拠出年金の加入の是非と開設先。

一括拠出ができると思っていましたが、それは来年からでしたので、今年最大限の所得控除14万4千円を受けるためには、今月中にまで決めなければいけません。

基本的にはお得な制度ですが、
実質的には、課税の繰り延べ的制度であり、退職時に課税されるだけ、特別法人税凍結解除の可能性など、人によっては退職時点では思ったほど良いと思える制度にならないかもしれません。
確定拠出年金のメリット・デメリットを十分に検討したうえで、加入しましょう。




拍手[1回]

・・・つづきはこちら

カテゴリー

最新コメント

[02/09 NONAME]
[02/04 NONAME]
[01/26 投資素人]
[01/26 くろん]
[01/19 NONAME]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]