忍者ブログ

薄給公務員の中長期投資

ブログ名に乖離が出てきたので変更。投資信託、個別株を中心とした資産形成、節税、固定費削減など。

4月末定期観測

4月末定期観測

相場全体の方向性を読むのは難しいですね。
メインシナリオ(じりじり下げる展開かハイボラレンジ)と最悪なシナリオと最良のシナリオの3、4パターンくらいは考えていますけど、今のところはどれも外れです。

全体の相場を読むことはできませんので、銘柄の絶対基準が割安か割高かを重視して投資していきます。

拍手[1回]

・・・つづきはこちら

資金管理について

私の考える投資家として重要な資質は3つあります。

① 銘柄選定力
② 資金管理力
③ エントリータイミング(技術)

の3つです。
インデックス投資だとすべてサルダーツ理論で一蹴されそうですけど。

私は仕掛けのタイミング(銘柄のバリュエーション)も大事、銘柄選定も大事、そして何より再起できないほどの致命傷を負わないことが最も大事だと考えています。

特に大事なのが資金管理力です。
これができるかどうかで破産(資金ショート)するかどうかが決まります。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

3月末定期観測

2018年3月定期観測。
全体は下落トレンド入りが濃厚となりました。

世界貿易戦争ショックとでも後に名付けられるのでしょう。
理由はどうあれ、今までが異常に高すぎただけなので下がって当たり前。

今年の目標は達成できているので、後は下がるだけだと思いますので、パフォーマンスを大きく低下させないことを重視します。

拍手[4回]

・・・つづきはこちら

株主優待銘柄を一挙追加しました

今回の急落で短期的に下がりすぎ感のある株主優待銘柄を追加しました。



拍手[0回]

・・・つづきはこちら

必殺技は基本ができてから

私は低PSR、100億以下の低時価収益成長カタリスト投資を必殺技としています。
少なくとも1~3年以内に来る可能性が高いであろうストップ高を狙い撃っているわけです。

ハピネス&D、システムディなどで成功したため自信がつき、超必殺技としてグリッチ後のスーパー株式一本釣りを平山で行ったわけです。

ただ必殺技を発揮できたのは基本がわかっていたからであり、いきなり必殺技の勉強を行ってはいけないわけですね。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

ドローダウン表を作ってみた

含み損をどれだけ許容するかは人それぞれです。
10%の上昇と10%の下落は似て非なるものです。
私は20~25%までは許容しますがそれ以上はよっぽど根拠がない限り、許容できません。

なぜなら含み損が増えれば増えるほど現実的に回復困難な上昇率が必要になってくるわけです。
ドローダウン表を作ってみました。

拍手[1回]

・・・つづきはこちら

2月末定期観測

2月末定期観測。


アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪をひきます。
日本が風邪を引けば新興市場はインフルエンザにかかってしまいますね。

金融市場は平時はノイズで動きますが、時折強烈なメッセージ(警告)を発します。
普段は全体相場を無視できますが、強烈なシグナルを発している時は見逃さないように。

今までのように買えば何でも上がるような状態ではありません。
運が良かっただけの人は淘汰されるでしょう。
私は年率100%、200%を出せるタイプの運のいい投資家ではないので、運が悪くても淘汰されないように十分な安全域を確保していきます。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

2月中旬定期観測

2月中旬特別定期観測。
緊急事態が発生。
ついに米株バブルが崩壊してしまいました。
人類はすっかり忘れていました。ベア相場の恐怖を。

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。
byジョージソロス

私のポートフォリオはベア相場で一発で含み益が吹き飛ぶ仕様なのでかなり被害を受けました。

流石にこれまでのように上昇トレンドが続くとも思えないので、今後は保守的にポートフォリオを組んでいきます。



拍手[1回]

・・・つづきはこちら

熊さんが来てしまった。

ついにベア相場入りしましたね。
日本列島は非常に大きな寒波に見舞われていますが、株式市場は熊さんが長い冬眠から目を覚まし、鋭い前足を振り下ろしに来ました。楽しい時間はついに終わりました。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

割引現在価値について

割引現在価値。

難しい用語ですが、将来の価値を現在価値に直すとどれくらいの金額になるかということですね。

FPの教科書を見たりすると割引率5%の場合、10年後100万円は今の価値でいくらかみたいな問題が出てきます。

そもそも割引率って何よ?となるわけです。

机上ではいろいろ難しい式を使って算出するわけです。

拍手[2回]

・・・つづきはこちら

運用パフォーマンス

投資期間は2013年から2016年まではインデックス投資など投信で運用。

年間15~26%、10年で4~10倍の運用益を目指します。
私の運用KPI(重要業績評価指標)は含み益の絶対値です。


2013~2016年まで
(インデックス投資での運用)
未計測(ほぼ±0%)

2017年
68.5%
2018年(途中)
35.1%(3月末)
計測開始来 127.6%

カテゴリー

最新コメント

[03/01 Go]
[02/25 kz]
[02/24 fdr]
[02/18 NONAME]
[02/17 名無し]

広告

PR
Copyright ©  -- 薄給公務員の中長期投資 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]